Euromobil / Zalf / desiree

Kitchen・Kitchen・Kitchen

キッチンお役立ち情報

2018.11.02
Euromobil ガラス扉のご紹介

皆さま、こんにちは。

すっかり涼しくなり、秋らしくなってきましたね。

さて、今回はEuromobilから3種類のガラス扉をご紹介します。

 

 

 

 

 

1.Teca

 

TECA_4

 

 

Tecaは、35x25mmの厚さのアルミフレーム、隠れた2つのヒンジ、4mm厚の強化ガラスで構成された扉です。

扉はアルミフレームに一体化されたマグネットと、ユニット上下に付いている金属プレートで開閉するシステムになっています。

 

 

 

 

バリエーションは、アルミフレーム部分がチタン、ダークブラウンの2色、ガラスは透明のExtralight、グレーがかったfuméの2種類からお選びいただけます。

 

TECA_3

 

TECA_2

 

 

 

 

Tecaは、アルミフレームの存在を最小限に抑えているのが特徴的です。

このミニマムなデザインが、洗練された空間を演出してくれます。

 

TECA_5

 

 

 

 

 

 

2.Frame

 

FRAME_2

 

 

Frameは、メタルフレームとガラスを組み合わせた新作の扉です。

バリエーションは、メタルフレームがチタンとブラックの2色、ガラスの枠状の部分の色が6色、

中心部のガラスはTecaと同様、透明のExtralight、グレーがかったfuméの2種類からお選びいただけます。

 

 

 

Frame_5

 

Frameは、Tecaと一転し存在感のあるフレームを四方に回しているデザインが特徴です。

額縁効果が発揮され、中に入れたものが更に際立って見える、まさに魅せる収納として使用していただけける食器棚だと思います。

ガラス以外のドアカラーと枠の色を合わせられるのも、他のガラスドアにはない魅力です。

 

 

 

FRAME_4

 

 

 

 

 

 

3.Filò

 

eu_e_filo_gallery_35_M_1

 

Filòは框扉のモデルで、通常の扉と鏡板の部分をガラスにした扉がございます。

 

 

 

バリエーションは、框部分がマットの塗装と金属の素材感を塗装で表現した新しい仕上げのFusion Lacquerからお選びいただけます。

また、ガラスは透明のExtralight、グレーがかったfumé、fuméにダイヤモンドパターンをスクリーン印刷して、網入りガラスのように見せたScreen-printed fuméの3種類ございます。

 

cucine-euromobil

 

 

 

 

特に、Fusion Lacquerで仕上げたFilòは、どこか懐かしさを感じる框扉と新しい技法の仕上げを組合せており、

まさに、イタリアの歴史と伝統を守りつつ、新しい技術を積極的に取り入れて進化を続けるEuromobilならではのデザインが魅力的です。

 

filo_2

 

 

 

 

 

今回は、Euromobilの3つのガラス収納についてご紹介しました。

それぞれ食器棚の中に照明も組み込むことが出来るので、見せる収納としてお気に入りの食器を飾ったら、より魅力的なキッチン空間になりそうですね。

 

 

 

TecaとFrameは、ショールームでサンプルをご覧いただけます。

FilòのScreen-printed fuméは、東京と大阪ショールームのどちらにも展示がございますので、是非ショールームに実物を見にお越し頂けたら幸いです。

 

 

 

 

HM

 

東京ショールーム

東京都渋谷区代々木3-36-8-105

大阪ショールーム

大阪府大阪市中央区南本町2-2-2 5F

名古屋ショールーム

愛知県名古屋市中村区岩塚本通5-28

© 2018 Euromobil JAPAN