Euromobil / Zalf / desiree

Kitchen・Kitchen・Kitchen

レポート・活動紹介

2018.06.10
ミラノサローネ・ユーロクッチーナ2018

みなさま、こんにちは。

 

来る6/13・29に、小学館主催のミラノサローネセミナーが東京・大阪で開催されます。(参加募集は終了しています)

 

キッチンジャーナリストの本間美紀さんが講師をされ、なんとEuromobilも参加させて頂く事になりました。

 

 

 

Eurocucina_02_26806019337_o

 

そこで、4月に開催されたミラノ・サローネ2018での情報をここでもご紹介したいと思います。

 

今年は、Euromobilから3つのモデルの新作キッチンと、1つの収納ユニットが発表されました。

 

まずは、これまでユーログループではdésirée社(ソファ・家具メーカー)にてデザインを発表してきていた、マーク・サドラー氏によるキッチンをご紹介いたします!

 

 

【SEI(セイ)】

 

イタリア語でSEI=6を意味し、すべての面材が6mmで出来ています。

 

扉や天板にはフェニックス(以前からご紹介している新面材です)を採用し、3枚目の写真の天板ではイタリア産のネロポルトロ大理石を使っています。

 

「カシミアのセーターにテニスシューズ」とマーク・サドラー氏が例えた通り、キッチンを豪華なステータスシンボルとするのではなく、実際の使い手のことを考えたリアルデザインを体現しています。

 

 

Eurocucina_sei_01

 

 

Eurocucina_22_41673047381_o

 

 

Eurocucina_18_41673050931_o

 

 

 

続いて、ユーロモビルを代表するデザイナー、ロベルト・ゴッボ氏によるラグジュアリーな2つのキッチンと、収納システムをご覧ください。

 

 

【LEON(レオン)】

 

ブラックの細いフレームの中に、アルミニウム製の扉を採用し、

 

カップボード天板にはエルム材、キッチン天板にはステンレスが使われています。
Eurocucina_04_26806018237_o

 

 

Eurocucina_07_39866642690_o

 

 

Eurocucina_08_39866641590_o

 

 

 

【TELERO(テレロ)】

 

淡いグレーとユーカリの組合せが美しいキッチンです。

 

天板と扉にセラミックストーンのLAMINUMを採用し、全体を石の塊のように見せています。

 

 

Eurocucina_12_39866659800_o

 

 

 

Eurocucina_13_27804722948_o

 

 

 

 

Eurocucina_14_41673053981_o

 

 

【IMAGE(イメージ)】

 

サイズ展開の豊富な細いフレームのオープンシェルフ

 

下の写真のように、天井までの大型プランでも、キッチン下のプランでもどちらも展開可能です

 

 

Eurocucina_image_0007

 

 

Eurocucina_11_41673057021_o

 

 

以上、Euromobilの新作情報でした。

 

これから冬にかけて、これらのモデルが実際にデビューしていく予定です。

 

気になるモデルはございましたか?

 

日本での展示はまだまだ未定ですが、出来る限りはやく皆さまにご覧頂きたく思っています!

 

今後の展開に乞うご期待ください。

 

 

 

ST

 

ST

大阪営業所・大阪ショールーム

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町2-2-2明治屋ビル5F

東京営業所・東京ショールーム

〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-36-8東高代々木ペアシティ105

COPYRIGHT © FUJIYA CO.,LTD